まとまったお金がどうしても必要だったので50万円借りました!

私はワケあってまとまったお金が必要になり、プロミスで50万円借りました。

私のように「50万円借りたい」と思っている人のために、私の借り入れ体験談をシェアしたいと思います(*^_^*)

やはり、五十万円も借りるとなると、気になるのが月々の返済額と利息だと思います。

その辺りのことも詳しく解説したいと思います!

パソコン、スマホから申込できます。360日24時間申込OK!

50万円借りることができる大手ローン会社

オススメ順に掲載しています。

会社名 実質年率/融資額 最短審査時間 特徴 対象
オススメ!
プロミス
4.5%〜17.8%
1〜500万円
最短30分 三井住友フィナンシャルグループのグループ会社
30日間無利息。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
平日14時までにWEB契約完了で当日振込。借入れ3秒診断。
主婦、学生でもパートやアルバイトで安定した収入がある場合は申込可能。
モビット
3.0%〜18.0%
1〜800万円
最短30分 三井住友銀行グループ
「WEB完結申込」なら申込み時に電話連絡と郵便物がなし。10秒簡易審査。
アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方でも安定した定期収入があれば利用可能。
オリックス銀行カードローン
3.0%〜17.8%
1〜800万円
最短即日の審査が可能 オリックスグループ
全国の提携ATMで1000円から借り入れ可能。借入残高30万円以下なら月々7000円からの返済もOK。
年齢が20歳以上65歳以下の人。前年度の給与収入(自営業の方は申告所得金額)が200万円以上ある人。
イオン銀行カードローンBIG
3.8%〜13.8%
30〜800万円
- イオン銀行
銀行カードローンだから総量規制対象外。圧倒的な低金利。100万円あで収入証明書が原則不要。専業主婦でも借りられる。
パート、アルバイト、自営業者、専業主婦の方でも申込可能。学生は不可。
アコム
4.7%〜18.0%
1〜500万円
最短30分 三菱UFJファイナンシャル・グループ
30日間無利息。
3秒診断でお借入れ可能かすぐに分かる。
はじめての方でも来店不要で即日振込も可能。
10万円借りても返済は月5,000円からでOK。
主婦、学生、パート、アルバイト、派遣社員でもでも安定した収入があれば申込可能。

私がプロミスを選んだ理由は、初めてアコムを利用する人なら30日間無利息になるからです。

あとは、審査に通るコツとして過去に利用したことがないローン会社を選ぶことですね。

どこの会社も新規のお客さんを増やそうと躍起になっていますから(*^_^*)


プロミスならWeb契約で当日振込も可能です »

50万円借りる前に知っておくべき「総量規制」という新たな法律

総量規制 借りられる額は年収の1/3まで!

五十万円って決して少ない金額ではないですよね。

そこで、人によっては「総量規制」という新設された法律にぶつかり、借りられないこともあります。

「総量規制」は2010年6月に貸金業法が改正された時に新たに導入された法律で、「貸金業者は顧客の年収の3分の1までしか貸すことができない」という法律です。

つまり、年収が300万円の人ならその3分の1の100万円までしか借りられないということです。

年収300万円の人がすでに80万円借りていたら、この人は新たに50万円は借りられません。

新たに借りられるのは20万円までとなります。

まずは、この「総量規制」という法律を頭に入れておいて下さい(*^_^*)

ただし、総量規制には例外がいくつかあって、その1つが銀行カードローンです!


銀行カードローンは総量規制対象外 »

利息の計算方法

利息の計算方法

利息の計算方法は非常にシンプルです。次の算数によって簡単に計算できます。

借りた金額 × 実質年率 ÷ 365日 × 借りた日数

たとえば、実質年率18%で10万円借りて30日後に返済したら

100000 × 0.18 ÷ 365 × 30 = 1479.452...

となり、小数点以下は切り捨てなので、このケースでの利息額は1479円となります。

ただし、50万円を借りるとなると一括返済は厳しいでしょうから、私の場合の月々の返済額と利息総額を次に解説したいと思います(*^_^*)

月々の返済額と利息の総額

返済額と利息

50万円を借りる前にまず明確にすべきことは、毎月いくらずつ返済するかということです。

月々の返済額を低くすれば、毎月の負担は減るかもしれませんが、完済するまでに時間がかかるので、そのぶん利息は増えます。

月々の返済額を高くすれば、完済するまでの時間が短くなるので利息は少なくなりますが、毎月の負担は重たくなります。

そもそも、今の収入と支出から毎月払える限度額は決まってくると思いますから、その限度額の範囲内で月々の返済額を決定します。

ただし、アコムの場合、最長返済期間は5年以内です。そのため、50万円借りた場合は、最低返済額は13,000円になります。

私の場合は、毎月25,000円ずつ返済することにしました。25,000円なら給料から支払えますし、ボーナスが出たら残額をまとめて一括で返済すれば利息総額も安くなります。

ここで50万円借りた場合の「月々の返済額」「返済回数」「利息総額」「返済総額」をまとめますので、これを参考に「月々の返済額」を決めてみて下さい(*^_^*)

実質年率17.8%の場合の返済シュミレーション
借りる金額 実質年率 月々の返済額 返済回数 利息総額 返済総額
50万円 17.8% 13,000円 58回(4年9ヶ月) 246,160円 746,160円
15,000円 47回(3年10ヶ月) 194,862円 694,862円
19,000円 34回(2年10ヶ月) 138,578円 638,578円
25,000円 24回(2年) 97,524円 597,524円
46,000円 12回(1年) 49,288円 549,288円

ボーナスが出る人は、ボーナスで全額返済をしてしまった方がいいと思います。そうすれば、月々の返済額が少なくても、トータルでの利息総額は減らすことができますから(*^_^*)

私の場合はボーナスがなければ、毎25,000円返済なので利息総額は97,524円になりますが、次のボーナスで残高一括返済をする予定なので、利息の負担をもっと減らすことができます(*^_^*)

もし、結婚していて相手が専業主婦(主夫)だったら、パートやアルバイトに出てもらえば月6〜7万円になります。6ヶ月働けば36〜42万円です。

これを返済に充てるという手もあります。とにかく、なるべく早く返済することで利息の負担を減らすことができますので!

返済日の返済方法

アコムの場合、返済期日は、5日、15日、25日、末日の中から選ぶことができます。

もし、給料日が15日なら25日返済にするといいでしょう。もし、給料日が25日なら末日返済するといいでしょう。

返済方法はパソコンやスマホからインターネット経由で銀行振込での返済ができます。

口座からの自動引落しもできますし、プロミスATMやコンビニでも返済することができますから、一番自分にとって都合の良い返済方法を選ぶといいでしょう。

私はパソコンで銀行振込での末日返済をしています。プロミス以外のローン会社でも同じようなものですね(*^_^*)

最後に・・・

お金に困った時は堂々と借りて、なるべく早く返済する!

一生で1回から数回はどうしてもお金が必要な時がありますよね!

自分の収入だけではどうにもならない時が・・・。

そんな時は迷わず専門の業者に頼っていいと思います(*^_^*)

なぜなら、今の大手ローン会社は銀行や上場企業のグループ会社なので、安心ですよね!

2010年6月に貸金業法も改正されてグレーゾーン金利もなくなりましたし(*^_^*)

あくどい取り立てなんてしたら社会問題になってしまいますから。

銀行は昔は法人相手にお金を貸して利子で儲けていました。しかし、今の時代、銀行でお金を借りてくれる企業は大幅に減っています。

そのために、個人融資に目をつけて、消費者金融をグループ会社にしてしまったのです。なぜなら、銀行は個人融資のノウハウを持っていなかったからです。

そういう意味では、銀行の個人融資部門からお金を借りているようなものと言っても過言ではないと思います。

堂々と借りて、なるべく早く返済することをオススメします。計画的に借りて、計画的に返済するということですね(*^_^*)


銀行カードローンは総量規制の対象外 »

※総量規制とは年収の3分の1まで借りられないという法律です。